脳の使い方のクセを知れば、生き方が見えてくる!

使い方の傾向によって、4つのタイプに分けられるという人間の脳。脳の使い方は性格にも密接に関わっています。脳タイプ別の相性やその改善策を知ることにより、より良い生活を送りましょう。

脳の使い方にはどんなタイプがあるのか。ひとつは”利き脳”で左と右のどちらをより使っているかです。もうひとつは、脳の情報処理法で分ける”思考の次元”という考え方です。1次元は最も基本的な脳の使い方なので、ここでは個性と見なしません。2次元は、相手の詳しい情報を中心とする”ミクロ”の目線です。3次元になるとより広い視点で情報を処理するので”マクロ”の目線といえます。これらの掛け合わせで左脳3次元・左脳2次元・右脳3次元・右脳2次元という4つのタイプに分けられ、それぞれの相性が判断できます。

利き脳

左脳

物事を”言語”で捉え、質の高さを追求する。

会話を理解したり、字を読み書きするような言語に関する機能を主に担っている。理論的な思考や計算、分析なども左脳の役割。じっくりと物事に取り組んで、質を上げることに関わる「理性」の脳。左脳主体の人は、自分の信じることはっきりしている傾向がある。

右脳

感覚的に世界を把握し、”量”に価値を置く。

他人の声の調子や表情などから感情を読み取ったり、芸術的なものを理解したりなど、五感を通じたイメージ認識が得意。外の世界から情報を取り入れて、周囲とコミュニケーションを図る機能がある。右脳主体の人は、自分の好き嫌いが物事の判断に影響しがち。

2次元

対象に接近することで狭くて濃い情報を扱う。

”虫の目”のように対象となるものに接近していく、顕微鏡的な脳の使い方を指す。サッカーで例えると、目の前の人とボールの奪い合いをする時のように、相手の動きを中心に反応するイメージ。3次元よりも狭くて濃い情報を扱っている。

3次元

より多くの情報を俯瞰し本質的なものを見抜く。

”鳥の目”のようにマクロの目線で俯瞰して、多くの情報の中から大事な事や本質を探り、優先順位の高いものから対処していく脳の使い方。サッカーでいうと、フィールドにいるすべてのプレーヤーの動きを見て、有利な場所にパスを出そうとするイメージ。

思考の次元

お問い合わせはコチラ
現在、無数の働き方に関する指南本や情報、転職サービス等がございますが、全ての方が満足・納得できるものがあるわけではありません。そこで、自分自身の3つの実績・経験「ハイクラス転職サポート実績」×「重度の過労やストレス・不安からの回復経験」×「脳診断テストによるアドバイザー実績」を基に、こんなサービスがあったらきっと喜んでいただけると思われるサービスを心がけお伝え致します。まずはお気軽にお申し込みください。お会いできるこの機会を楽しみにしています。